[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0521] 耐震診断

木造の耐震診断をおこなっています。
耐震診断のことを少し説明したいと思います。
診断の方法は2つあります。
非破壊による目視での調査の一般診断法と正確に現況を把握していくことを前提としている精密診断法です。
したがって、一般診断法は耐震補強の必要性の判定を目的としているので、結果には誤差があります。(安全側の評価になりがちです。)
精密診断法は詳細な情報に基づき正確に診断をおこないます。耐力壁等の仕様や接合部の状況など、現況の目視検査だけでは把 握できない箇所があります。正確な診断をするためには、補強前提で剥がして確認することが良いでしょう。住みながらの耐震補強になると思いますので、コスト、スケジュールを含めて計画する必要があります。


なかの一級建築士事務所

耐震 | CM 0│08時頃 |

[0702] 豪雨です。バルコニーの排水口の確認!

豪雨の季節です。バルコニーの排水口をご確認ください。
排水口が一つだけのバルコニーは、特にご注意ください。
写真は、木造のバルコニーに見られる一般的な排水口です。
排水口に落ち葉などが詰まると漏水の原因につながります。こまめに清掃してください。
立ち上がり部分にある穴は、排水口がゴミなどで詰まった時、または雨量が多く排水量を超えたときに排水するオーバーフロー管の穴です。
バルコニー排水口
イスペクターをおこなっているので、見落としがちな住まいのメンテナンスを細かくお伝えすることができます。
わからないことがあれば、お気軽にご質問ください。
太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所

メンテナンス | CM 0│18時頃 |

[0121] 建築・設備による省エネ化?

省エネルギー化は、建築や設備機器によって大きく影響します。
しかし、いろいろな仕様でどれを選んでいいのかわかりません。
メーカーや仕様が違えば比べることがなかなかむずかしい。比べるにはどうしたらいいのかわからない。(数値では比べられるが、ぴんと来ない。)・・・
断熱材ひとつとっても、グラスウールとセルロースファイバーの会社は異なり、それぞれ小さなカットサンプルを送ってもらうのが、精一杯。
だから数値で選ぶようになってしまう。数値も大切だけど、数値以外のいい点もあれば悪い点もあるのが当たり前。・・・
設備機器も同じで、動作している状態はなかなか体験できない。
(エコキュートの屋外機の音のクレームは考慮して設置場所を決めないと。・・・)
省エネルギー化のための建築や設備機器の基本を、比較し体感できる場所があるんです。
住宅設備機器等の販売をおこなう橋本総業のみらいエコリフォームセンター。東雲にあります。
ここは、メーカーに関係なく、省エネに関する断熱材から設備機器まで幅広く体感できるのです。
単なる展示ではなく、実際に通水・通電した最新の設備機器の動作を実機体験できるところは、メーカーのショールームでもなかなかないです。
きれいなショールームというよりは、倉庫内の大きなプロ向けの研修施設といった感じでしょう。
やっぱりカタログだけでは決められない。体感して比較したい方は、ぜひ足を運ぶことをお勧めします。学べます!
IMG_1476.jpg
排水管と床の隙間をつくらない為の気密材(暖房の省エネ化)←見落としがちなところをちゃんと見せてくれます。

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所



エネルギー | CM 0│18時頃 |

[0118] 省エネルギーな生活と省エネルギーな建物

今度は、身近な電気を使う家電から消費するガス、灯油等を含めたエネルギー源を見てみましょう。
もちろん、地域、生活等によって異なるのですが。・・・
下図は、「世帯当たりのエネルギー消費原単位と用途別エネルギー消費の推移」です。
エネルギー動向
家庭でのエネルギーの消費量は増加していて、その3大用途は「動力・照明」、「給湯」、「暖房」です。
(動力:コンセントに接続している家電等機器のこと)
「照明」、「給湯」、「暖房」は、建築や建築設備で省エネルギー化が可能になります。
省エネルギー化は、「建築による手法」、「設備による手法」そして「住まい方」が大きく影響するのです。
具体的には、
「建築による手法」〜自然(太陽光や通風等)を取り込む、建物の断熱化、開口部(サッシ等)の断熱と(夏期の暑さに対しての)日射遮蔽・・・
「設備による手法」〜暖冷房・換気・給湯・照明設備の高効率化、太陽光のエネルギー利用(太陽光発電等)・・・
「住まい方」〜開口部の開閉(適切な太陽光や風の取り込み等)、設備の適切な運転、建物や設備のメンテナンス・・・
これらを基本に考えながら住まいを計画していくことが、居心地良さにもつながると思います。

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所

エネルギー | CM 0│09時頃 |

[0114] 省エネルギーな生活

省エネルギーな生活って?・・・。
増税前に家電の買い換えを考えている方もいるかと思います。
まずは、生活スタイルを変えずにどのくらい省エネができるか、調べてみましょう。
家庭でいちばん電気を消費するものは?・・・
14-01-14.jpg
一般的に、家庭の電気の約4割は冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコンの4つに使われているそうです。
今使っている家電を最新の省エネ型家電に買い換えた際、年間の省エネルギー効果が簡単に比較できるHPがあります。
省エネ製品買換ナビゲーション しんきゅうさん(環境省)
省エネが進んでいるということがわかります。
できるところから、考えてみましょう。

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所

エネルギー | CM 0│10時頃 |

« back | main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。