FC2ブログ

[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0605] 接合部を強くする/既存住宅の耐震補強

前回紹介した耐力壁の補いは、木の骨組み部の補強方法でした。
木の骨組みは、コンクリートの基礎の上にのっかています。
基礎と緊結されていないと元も子もありません。
基礎と骨組みの土台、柱と土台の接合を強くしておきたいところです。
一般的には、外部側から金物を露出して取り付け補強します。デザイン的に躊躇するところですが。・・・

内部からの後施工アンカー取り付けという方法もありますが、基礎への金物取り付け方の点で、コンクリートの圧縮強度を確認する必要があるでしょう。
他の方法で外部のデザインを考慮しながら進めていくには、耐震補強以外の工事を含めて考える必要がでてきます。
・外壁や基礎の一部を最小限に補修をしていく補強方法。〜ARS工法(フクビ化学工業)
・内部の床の張り替えをするのであれば床を剥がすことができるので、基礎と土台等を内部からいろいろな仕方で補強できます。

このように、既存建物の状況や耐震補強以外の加わるリフォーム工事で進め方が異なってくるのです。

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所





スポンサーサイト

耐震 | CM 0│23時頃 |

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://mokuzounakano.blog.fc2.com/tb.php/8-133523d5

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。