FC2ブログ

[0219] 鉄筋のかぶり厚さって?

木造住宅の基礎の鉄筋のかぶり厚さについて。
基礎は鉄筋を組んでからその周りをコンクリートで被って形にします。
かぶり厚さは鉄筋からコンクリートの表面までの距離のこと。
法律(建築基準法施行令第79条第1項)で、このかぶり厚さが規定されています。
「耐力壁以外の壁又は床にあっては2cm以上、耐力壁、柱又は梁にあっては3cm以上、直接土に接する壁、柱、床若しくは梁又は布基礎の立上り部分にあっては4cm以上、基礎(布基礎の立上り部分を除く)にあっては捨てコンクリートの部分を除いて6cm以上確保しなければなりません。」→木造の基礎の場合、立ち上がり基礎表面は4cm、底面は6cm以上の確保となります。
それでは、なぜかぶり厚さを確保しなければならないのでしょうか?
理由はコンクリートの中性化から鉄筋の腐食を保護すること。(鉄筋は高アルカリのコンクリートに被われていますが、コンクリートがアルカリ状態を失う事で鉄筋は酸化し錆が発生します。)
腐食によって鉄筋が膨張し、コンクリートの劣化を起こさないようにする為です。
基礎の鉄筋のかぶり厚さで見落とし勝ちな部分があります。
配管貫通部周りの鉄筋のかぶり厚さの確保です。給水排水給湯管などを建物内外でつなぐ為に、立ち上がり基礎部や床面(耐圧版)にスリーブ管やさや管等を設置してからコンクリートの打設が行われます。この配管貫通部周りでかぶり厚さの確保がされていない場合があるのです。特に配管の取り換えが可能なさや管の設置は、設計段階で配筋(鉄筋の配置)や基礎形状を考慮しておかないとむずかしいいでしょう。
なかの一級建築士事務所

基礎 | CM 0│17時頃 |

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://mokuzounakano.blog.fc2.com/tb.php/56-dc39e1f2

| main |