FC2ブログ

[0615] 「そよ風 」/ 最も効率のいい太陽熱利用

太陽エネルギーの利用方法は、大きく二つに分けられます。
ひとつは、太陽の光エネルギーを使う太陽光発電(太陽電池)。
もうひとつは、太陽の熱エネルギーを人間が使いやすい形に変換したもの。暖房やお湯など・・・
熱エネルギーは、太陽光発電に比べてエネルギー変換効率が高いし、蓄熱しやすい。
モッタイナイ精神からすると、最も理にかなった使い方なのです。
(熱も光も両方いっぺんに利用できたらもっといいのになぁ・・・)

そこで「そよ風」(環境創機)。 
太陽熱や放射冷却など、自然の力を取り入れた家づくりの仕組みです。ある部分、OMソーラーの進化形。
(冬)
昼間、屋根で暖められた空気を1階の床下まで送り、床下の蓄熱槽(コンクリート)を暖めます。
暖められた蓄熱槽の放熱で部屋を快適にします。
また、夜、暖房機器を使うと暖かい空気が天井へ上がります。この空気を床下へ送って循環させ、暖房効果を高めようとします。
(夏)
昼間、高温になる屋根の熱を、室内に持ち込まずに強制的に外へ出します。
また、エアコンで冷やした空気を循環させ、床下へ送り冷房効果を高めようとします。
夜、冷たくなった屋根の空気を1階の床下まで送り、床下の蓄熱槽(コンクリート)を冷やします。

文で説明するとむずかしくなってしまいましたが、単純な機器と構造で太陽熱を効果的に利用していこうというもの。冬場の床暖房のような暖かさとは異なり、家全体が寒いところがないという感じになります。(表現がむずかしいですが・・・) 夏も同じ。
「そよ風」を備える時は、家の基本設計から一緒に考えていきます。ぜひ、検討してみてください。

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所



スポンサーサイト

エネルギー | CM 0│22時頃 |

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://mokuzounakano.blog.fc2.com/tb.php/10-daf49843

| main |