[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[1105] 造成宅地に注意

谷や斜面に土を盛った造成宅地。中にはしっかりと計画せず急ピッチで造成され、締め固めが不十分で災害に弱い盛り土が残っています。
今、建て替え中の現場の既存建物が、かなりの不同沈下をおこしていました。
6メートル幅の道路が接している駅も近い静かな住宅街です。
敷地奥から2軒程度先に緑道公園があり、地盤が低くなっていきます。
(昔は川で、今は公園になっているのです。ほとんどの緑道は、昔は川等なのです。)
おそらく、川の堆積物で地盤が形成され、その上に盛り土をして造成したと思われます。
ですから、比較的弱い地盤の上にいい加減な盛り土をおこなっていたことが原因かと思われます。
建物に関しては杭等の処置をおこなえば、不同沈下を防ぐことができます。

まずは、盛り土や切り土のような人工地盤かどうか、ホームページで確認することができます。
国土地理院の土地条件図でご覧下さい。
そして、廻りの外構や建物の基礎等に大きなひび割れや傾斜がないか、確認してみてください。
土地購入前におこない、必要な処置をする準備ができます。

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所
スポンサーサイト

土地 | CM 0│10時頃 |

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。