[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0130] 復興支援・住宅エコポイント

復興支援・住宅エコポイントの申請受付が1/25からスタートしました。
前回までとは異なり、業界も静かなスタートな感。・・・なぜかというと・・・
新築の場合、前回の住宅エコポイントとちがうのは、発行されるポイント15万ポイント、つまり30万円から15万円に減額されました。(被災地以外の場合で、被災地は30万ポイントです。)
また、発行されるポイントの半分以上を復興支援商品(被災地の特産品や寄付)に交換することになっています。
残りの半分までのポイントは、前回と同様に、即時交換およびエコ商品と交換できます。
ですから、最高で7.5万円の即時交換ということになります。
対象となる建物は、
H23年10月21日〜平成24年10月31日の間で建築着工したもので、前回同様、省エネ法のトップランナー基準相当か省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅になります。
これら省エネ基準に適合することを確認するため、第三者機関が発行する証明書を取得する必要があります。
参考ですが、取得するために手数料2.3万円(第三者機関がビューロベリタスの場合)がかかります。
他に太陽熱利用やリフォームのエコポイントもありますので、詳しくは住宅エコポイント事務局のHPまで。

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所
スポンサーサイト

エネルギー | CM 0│11時頃 |

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。