[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0920] 地震に関する地域危険度測定調査(第7回)(平成25年9月公表)

概ね5年ごとに発表される、「地震に関する地域危険度測定調査(第7回)」がでました。
内容は、東京都内の地震の危険性を、建物の倒壊や火災について、各地域で調査し、
町丁目ごとに、危険性の度合いを5つのランクに分けて評価しています。
(ただ、同じ町丁目でも、危険性の度合いは異なると思いますので、現地の周りの調査は忘れずに。・・・)
地震に関する地域危険度測定調査(第7回)(東京都都市整備局)

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所


スポンサーサイト

土地 | CM 0│14時頃 |

[1105] 造成宅地に注意

谷や斜面に土を盛った造成宅地。中にはしっかりと計画せず急ピッチで造成され、締め固めが不十分で災害に弱い盛り土が残っています。
今、建て替え中の現場の既存建物が、かなりの不同沈下をおこしていました。
6メートル幅の道路が接している駅も近い静かな住宅街です。
敷地奥から2軒程度先に緑道公園があり、地盤が低くなっていきます。
(昔は川で、今は公園になっているのです。ほとんどの緑道は、昔は川等なのです。)
おそらく、川の堆積物で地盤が形成され、その上に盛り土をして造成したと思われます。
ですから、比較的弱い地盤の上にいい加減な盛り土をおこなっていたことが原因かと思われます。
建物に関しては杭等の処置をおこなえば、不同沈下を防ぐことができます。

まずは、盛り土や切り土のような人工地盤かどうか、ホームページで確認することができます。
国土地理院の土地条件図でご覧下さい。
そして、廻りの外構や建物の基礎等に大きなひび割れや傾斜がないか、確認してみてください。
土地購入前におこない、必要な処置をする準備ができます。

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所

土地 | CM 0│10時頃 |

[1101] 世田谷の高放射線量

びっくりした。家から自転車で10分程のスーパーがニュースで流れていた。
今日から高放射線の掘り起こし作業の準備に入った。
「買いに行ったことがあるし、通ったこともある。お酒が豊富で業者向けの食材も売っているスーパーだ。」
最大毎時170,110マイクロシーベルトの放射線量ってどんな数値なのだろう・・・
以前からずっと高かったんだろうなぁ。110マイクロシーベルトの場所は、入口前に野菜を置いて売っていた場所の近く。
本当に知識がない中で、降ってわいた事件は、いろいろな人の意見を聞き取ってしまう気がする。判断つかないから。・・・
現場近くの宅急便配送センターへ用があったので、寄ってみた。
マスコミが大勢いた。車で買いに来るというスーパーなので、あまり人が歩いていない所に人がいる。隣りのアパートの2階バルコニーからも撮影している。
世田谷の高放射線量
170マイクロシーベルトの場所は、歩道に面している所で工事用のカラーコーンで囲っている。ここは、立ち止まる人は以前からいない場所だった。
世田谷の高放射線量
気が付けば、ふつうの場所が普通でなくなってしまう。
このふつうの場所が普通でなくなる感覚が、原発の恐ろしさなのか。・・・

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所


土地 | CM 0│15時頃 |

[0527] 土地 (集中豪雨の浸水編)

地盤強度の続きで、土地を購入する際に気をつけることで敷地のレベルがあります。
夏の集中豪雨による浸水被害にかかわること。
浸水を防ぐ為に、建物の床高さ、アプローチの取り方、地下階等・・・考慮する必要がでてきます。
現況敷地、道路、隣地を把握することが基本ですが、HPで浸水の情報を得ることができます。
各役所が浸水(洪水)ハザードマップを発信しています。確認してみてください。

参考:世田谷区の洪水ハザードマップ

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所

土地 | CM 0│09時頃 |

[0526] 土地 (地盤の強度編)

土地を購入する際、「地盤の強度はどうなのか?」知って購入すべきです。
では、どうやって知ることができるのか。
不動産屋さんへ尋ねることは基本ですが、大まかな情報を得ることができます。

地震に関する地域危険度測定調査(第6回)(平成20年2月公表)地域危険度一覧表 (東京都都市整備局)
都内の各地域における地震に関する危険性を、建物の倒壊及び地震による火災について5つのランクに分けて評価しています。
東京の液状化予測図(東京都土木技術支援・人材育成センター)
都内の液状化予想です。
・近隣の地盤調査報告書を見ることができる区、市役所があります。
ただし、一般の方にはむずかしい報告書なので、建築士を介して理解してもらうことが良いでしょう。

どのような建物(高さ、荷重・・・)がどのような地盤(深さと強度、土質・・・)の上に建てられるかを見極めることが一番大切なことです。
必ず、住まいの設計が終わるまでに現地の地盤調査をおこないます。そして、調査報告書の説明を受けてください。
地盤によっては、杭や地盤補強をしていきます。
どんな場所でも、地盤を把握し、見合った建築をしていくことが必要なのです。

太陽光発電 どの製品を選んだら? (モジュール変換効率編)
なかの一級建築士事務所




土地 | CM 0│09時頃 |

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。