FC2ブログ

[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0214] 賃貸アパートの施工会社とは

かつてない規模での賃貸アパートの施工不良の発覚。補修工事の為に転居を求められる入居者の困惑が火に油をそそいだ。
どのような法規違反の施工不良を起こしたのだろうか?
1. 屋根裏内や天井裏内の界壁がなかった
→アパートの2階一世帯から出火した場合、屋根裏内での延焼を防ぐため屋根裏内にも隣の世帯と区画する壁を作らなければならない。
2.各世帯を区画している界壁の仕様で、壁内に法規通りの確認申請図記載の遮音材料が使用されていなかった。
→申請図ではグラスウールの記載だが発泡ウレタン充填の仕様だった。おそらくパネル化して工期短縮を考えたのではないでしょうか。
3.耐火性能で認定された確認申請図記載の外壁の構成と異なる構成だった。
→申請図では断熱材がグラスウールの記載だが発泡ウレタン充填の仕様だった。ともにサイディングや室内の石膏ボードの下地間隔が広くなっていた。大臣認定と異なる外壁構成にしてしまった。
4.3階建て準耐火構造の建物における天井の材料が法規通りの耐火性能の図面記載の仕様ではなかった。
→強化石膏ボード12.5ミリ+ロックウール吸音板9ミリの仕様が強化石膏ボード12.5ミリ+化粧板9ミリもしくは化粧板9ミリのみになっていた。
他社のアパートの工事中でのインスペクションの経験から工程の長さや職人の技量に不安を感じていましたが、その上で仕様を決定する段階でのミスと監理の不十分が加わっての施工不良です。多くのプロが携わっていて長い期間起こってしまっているので、根が深いのではないでしょうか。
なかの一級建築士事務所
スポンサーサイト

防火 | CM 0│21時頃 |

[0130] 住宅用火災警報器のチェック

空気が乾燥していますね。
火災を感知し警報を鳴らす住宅用火災警報器のお話です。
住宅は消防法で火災警報器の設置が義務づけられています。
(東京都では2004年(平成16年)、その他の地域は2006年(平成18年)に新築の建物への設置が義務となりました。
2006年以前に建てられた住宅は、地域ごとで異なりますが2011年までに設置完了が定められました。)
住宅用火災警報器の種類は2つあり、適切に作動するために適した部屋に設置します。
煙式(光電式)~煙が火災警報器に入ると音や音声でお知らせ。~寝室・階段・台所などに設置
熱式(定温式)~火災警報器の周囲温度が一定の温度に達すると音や音声でお知らせ。~車庫・台所など(大量の煙や湯気が滞留する場所等)に設置
自分で取り付けされた方は、火災警報機の表記を確認してみてください。
そして、火災警報器は電池式もしくは電池交換不要な配線方式があります。一般的な電池式は電池が切れていないか、作動確認してみてください。本体のボタンを押す、もしくはヒモを引いて音が鳴る事で作動の正常を確認できます。もし鳴らなければ、電池切れか機器本体の故障です。
また、埃が付着していると感知が鈍くなります。年に1度、大掃除の際に布でふくと良いでしょう。
DSC05961.jpg
なかの一級建築士事務所

防火 | CM 0│21時頃 |

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。